面接で自分をアピールする3つのポイント

面接で自分をアピールする3つのポイント

何をアピールするか

 転職を希望としている場合、面接時に何をいえば好意的にうけとめてもらえるかは、悩める部分だとおもいますが、すくなくともその場限りのアドリブ勝負にしてしまうより、何を伝えたいかあらかじめ準備しておく事が必要かと思います。
簡単に言えば、質問の受け手としてだけで面接に挑まない方が良いという頃です。自分が喋りたい事、アピールしたい事をしっかり考えたうえで面接に望みましょう。

 

好まれるスキルとは何か

 たとえばWEBデザイナーであった場合、WEBデザインのためのソフトが使えて当たり前です。英会話教師であれば英語が喋れて当然で、ライターであれば早く文章がかけて当然です。勿論これらの技術が卓越しており、他と比べても一線をがすほどの実力があれば申し分ないですが、そうでなくてもアピールする方法はあります。

 

 それは簡単に言えば組み合わせで、当然習得しているであろう技術の他に何が出来るかという事です。たとえばネットショップを運営する会社にはじめて飛び込む場合、ネットショップの知識がなくて、WEBデザインの知識が普通であっても、そのお店がアパレル系であれば、アパレルの知識が豊富であってもいいし、英語が得意だったとするならば、海外取引を踏まえ、好まれるかもしれません。

 

 また会社の方向性と直接沿っていなくても、面接官とて人間。稀に見る変わった経歴や特技は注目を集めるものです。ようするに「使えそうな人材だな」と単純なものでなくても「この人を雇ったら、新しい風がふきそうだな」でもいいわけです。

 

志望理由の考え方

 よく、「弊社の社風が・・・」とか、「やりがいを感じる・・・」などと理由をつけておく方が多いですが、それは可もなく不可もなくといった無難な回答であり、実際のところそこまでアピールにはなっていません。本気でやりがいを感じ、熱意を伝えられる自信があるのであれば別ですが、そうでなければ詳細で会社の利益になりそうな理由を用意しておくべきです。

 

 たとえ「会社と自宅が自転車で通える距離だから」といったとしても、「弊社の社風が・・・」となんとなく発現するよりは、家が近いなら緊急時に対応しれくれそうとか、稀におこる残業にも問題なさそうと思ってもらえれば、立派なメリットとなります。


ホーム RSS購読 サイトマップ